ギターと地球の未来を考える

少々大げさな見出しかもしれませんが、、

 

持続可能な、というワードを最近よく耳にすると思います。

 

地球の未来を考えると、人間の営みすべてを見直さなければならないフェーズです。もちろんギター産業も例外ではありません。

そんな中、ギター工房として何ができるか日々本気で考えています。

 

現在出ている結論としては2つです。

 

一つ目は修理の仕事をメインにすること。

修理しながら一つのものを大切に使い続けるというのはとても尊いことです。

地球への負荷の角度から見ると、新しく製作するよりもCO2の排出や、資源、エネルギーは少なく済みます。

修理という仕事に迷いはなく、誇りを持ってどんなメーカーのギター、ベースでも修理を承っております。

 

 

二つ目は製作するギターに地元北海道産木材を積極的に使うということです。

 

現在お客様からの要望がない限り輸入木材は仕入れておりません。

環境に配慮した運営をしている林業事業体から北海道産木材を積極的に仕入れております。

 

ある研究によると、国産材に比べて輸入材のCO2排出量は約10倍と言われております。

海外の山奥から遥々海を越えて運び出されているわけですから当然といえばそうかもしれません。

これは間違いなく国産材を使った方が地球にとっては優しいということになります。

現在はFSC認証を受けている下川町、エスジェックを受けている中川町から仕入れております。

また、北海道は植生の関係から、広葉樹の種類が非常に豊富であり、これはそもそもギター作りにとって大変魅力的なことであり、地元である私が使わない手はありません。

 

 

自分の買った製品はどのように作られて、果たしてそれは地球にとって良いことなのだろうか、ということを常に意識しています。

 

ブランド志向のみではなく、本当の意味で良い製品を選ぶ時代になっています。

 

実際私もギターオタクなのでFender,Gibson,Martin大好きですし、素晴らしい楽器はたくさんあります。

ただ、私の物作りのスタンスとして、今の地球環境は無視できませんし、未来のギター作りを考えて行きたいのです。

 

皆様の2019年のRising Sun Rock Festivalの初日が台風で中止になったのは記憶に新しいと思います。

私たちのような国の生活様式、経済活動によって引き起こされている様々な環境負荷。

これらを起因とした地球環境の変化は

今までは局地を

いよいよ我が身にも迫ってきています。

 

 

その第一歩が北海道の木材でギターを作る。ということです。